危険を予め回避する方法|アシナガバチ駆除をしよう

サイトリンク集

  • ハチ110番

    アシナガバチ駆除の専門業者はコチラになります。ご自宅または付近に棲みつく害虫の問題はプロに任せるといいでしょう。

ハチの巣に近づかない

ハチの巣

ハチは身体の一部として毒針を持っているため自宅近くで巣を見かけたら怖いと感じることが多いでしょう。ハチは集団行動を行なうハチと単独行動を行なうハチに分かれます。また、見た目でも種類が分かれていて、腰にくびれのない広腰亜目と腰にくびれのある細腰亜目の2種類に分けることが可能です。人を刺す毒針を持っているのは細腰亜目のみで、しかもメスだけだと限定されています。ハチが持つ毒針は卵管が発達、変化したものであるため、卵管を持たないオスに毒針はないのです。ハチ被害として報告される事例の多くは集団行動を行なう細腰亜目によって引き起こされるパターンが多く、細腰亜目のハチの巣に近づいた人間を警戒して攻撃するため引き起こされてしまうのです。とくに、巣を形成して繁殖期を迎えると卵や幼虫などを守ろうとするため凶暴性が高まるので非常に危険です。とくに被害件数が多いのはスズメバチやアシナガバチ、ミツバチの3種類だと言われています。

スズメバチはハチの中でももっとも毒性が強くて凶暴度の高いハチであることから巣を見つけた際にはすぐにでも駆除を行なった方が良いとされているハチです。しかし、アシナガバチやミツバチはおとなしい性質であるため、人間側からハチにちょっかいを出したり、巣に近づいたりしなければ刺されることはありません。しかし、実際に被害が報告されているというのには様々な理由があります。アシナガバチやミツバチの場合、民家の軒先や民家の屋根裏などに巣を作ってしまうことが多く、知らずに近づこうとした人間が刺されてしまうパターンが多いようです。アシナガバチ駆除やミツバチ駆除の場合は自宅の安全を守るためにどうしてもアシナガバチ駆除やミツバチ駆除を行なわなければならないというパターンが多いのです。